Independent Gallery


Richard Hamilton

Richard Hamilton b.ロンドン 1922年 - 2011

リチャード・ハミルトン

1922年ロンドン生まれ。ウェストミンスター工科学院とセント・マーチン美術学院で学ぶ。38年から40年にかけてロンドン王立美術学院で絵画を学ぶ。51年にロンドンのICAで自分が企画した始めての個展を開く。セントラル美術学院で、銀細工、活版印刷、工業デザインの講師となる。そこで同じく講師をしていたE パオロッィーと出会う。ハミルトンは彼とともにICAで‘インデペンデント・グループ’を設立。文化や時代の変動などについて語り合う芸術家や知識人の集まりで、これが英国ポップアートのベースになった。56年、彼が中心となりインデペンデント・グループのほかのメンバーと協力して開催した、ホワイトチャペル画廊の‘これが明日だ’展のポスター図録として、最初のポップコラージュを制作。74年、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、ミュンヘン市立美術館などで回顧展を開催。