Independent Gallery


Patrick Caulfield

Patrick Caulfield b.ロンドン、英国 1936年 - ロンドン、英国 2005年

パトリック・コーフィールド
1936年、ロンドン生まれ。56年から60年までチェルシー美術学院で学び、その後ロンドンの王立美術学院で学ぶ。61年にロンドンの「ヤング・コンテンパラリーズ」展で紹介される。66年にはニューヨークのロバート・エルコン画廊で紹介される。このころからホテルのロビーやトレンディーなバー、レストランなどからインスピレーションを受けそれらを題材にした多くの作品を制作。 77年にはカリフォーニアのサンタモニカで、また翌年の78年にはロンドンのテート・ギャラリーに出展。81年にはテート・ギャラリーとリバープールのウォーカー画廊で回顧展が開かれる。"Some Poems of Jules Laforgue" は彼の代表作の一つ。以前にテート・ギャラリーが‘もし火災があった場合、最初に救済すべき絵画はどれか’とのアンケートを出したことがある。その時に選ばれたNo1はデヴィド・ホックニーの作品で、No.2がコーフィールドの"After Lunch” 1975だった。96年には英国政府より、CBEのタイトルを受ける。
2005年に没。