Independent Gallery


Claes Oldenburg

Claes Oldenburg b.ストックホルム、スウェーデン 1929年 -

クレス・オルデンバーグ
1929年にスウェーデン総領事の息子としてストックホルムに生まれる。
1936年、家族がアメリカのシカゴへ移住。 1950年にイエール大学を卒業してジャーナリストとなるが、そのあと、シカゴ美術学校でアートを学ぶ。
1953年にアメリカの市民権を得、56年にニューヨークへ移る。そこで,古い、既存のスタイルにとらわれないチャレンジ精神旺盛なジム・ダインやジョージ・シーガルなどの若いアーティストと知り合う。当時ニューヨークの下町に住んでいたオルデンバーグはその下町の雑多な中にある芸術性や消費者社会を背景にスタジオ内に‘THE STORE’をオープン。(1961年)
そこでは石膏や布地に派手な塗料を塗って制作された食品のレプリカがあたかも肉屋や八百屋、レストランなどの店先にある商品のように製作され、陳列された。
そのあとは実物サイズを大きく超えた作品を布地やラバーフォームなどのやわらかい材料を使って制作。有名な‘Floor Burger’をはじめ、その対象はタイプライターや電話、トイレなどに拡大した。
1965年、巨大モニュメントを制作。
1976年以降は後の妻となったオランダのキューレーター、Coosjeと協同で大きなスケールの彫刻を制作。それらはヨーロッパや米国、日本などの野外公共施設に展示されている。