Independent Gallery


Marc Chagall

Marc Chagall b.ベラルーシ 1887年 - セント・ポール・ダ・ヴァンス、南フランス 1985年

マルク・シャガール
1887年にロシア(現在のベラルーシ)のヴィテブスクにユダヤ人を両親に生まれる。最初はペテルスブルグの美術学校で学ぶが、1910年から14年までパリで学ぶ。18年から19年にかけて、ヴィテブスクの美術アカデミーのディレクターを務める。23年にフランスへ移り85年にセント・ポール・ダ・ヴァンスで亡くなるまでの生涯をフランス内で過ごす。(41年から48年までは米国で過ごした){色彩の魔術師}といわれるシャガールはその色使いや、神秘的で超現実的なテーマー性で独特の世界を創った。ユダヤ人であること、ロシア人であることが題材に大きなインパクトを与えている。
宗教や、国籍、人種を超えた普遍の愛をテーマーにシャガールは多くの作品を生み出した。1973年にはフランスのニースにマルク・シャガール聖書展示国立美術館が設立された。20世紀を代表する偉大な画家の一人。